謝罪することなく延々と弁明しつづける西洋人

フランスと日本、都会と田舎、中上級階級と庶民など、さまざまなはざまで生きてきた境界人であるため、他の人と違う視点を持った著述家として活動しています。コラム執筆などの依頼も請け負っております。

ulalaをフォローする
フランスの文化・習慣を知る
この記事は約7分で読めます。

はーい(^O^)/Ulalaです♪今日、そちらは寒くなかったですか?こっちは寒かったです!

現在、フランスでは、コロナの感染がまだまだ広がっています。

特にパリの病院が深刻な状況で、集うことを禁止するためレストランは閉鎖されていますが、違法に開けているレストランの存在が知られ、今、積極的に摘発が行われています。

そして、そのきっかけになったのが、

パリ中心部にある高級イベント会場「パレ・ビビエンヌ」で豪華な夕食会が開かれたことが暴露されたこと。

テレビでのルポタージュがでてすぐ、フランス国民の怒りの的になりました。

しかし、この食事会は自宅でやっていたため、闇営業のレストランとは言い切れず、法的には罪を取るのは難しそうな状況です。

そのことを弁護士から確認しているシェフのクリストフ・ルロワさん、インタヴューを受けて

6人以上の集まりは自粛しろと政府から言われていたものの、38人の集まりの夕食会が開催されていました。しかし、開催しない方がよかったとは言っているものの、

「自宅というプライベートスペースで政府は6人以下を推奨しているが、それは560m2の広さの自宅を想定していないからだよ。」

などなど、高飛車ともとれる説明を堂々と答えるルロワさん。

もちろん、日本のように、謝罪することは一切ありません。

「560m2あってもなくても、6人以下って言ったら6人以下なんだよ!違反は違反だろ!」等々

これを見たフランス庶民は、さらに腹をたてました。

しかし、法には反してないのだから、だから何?

と、主催者と二人で余裕。

日本人の感覚だと、このふてぶてしさにあきれてしまうかもしれません。

が、しかし、

実はこの方法はフランス的に言えば、

こういう立場になった人の一番正しい方法なんです。

なぜなら、

フランスでは「謝ること=罪を認める」ことになるからです。

罪をおかしていないのに、謝ったら不利になるだけですから。

スポンサーリンク

印象とかそういう問題ではない。ただ謝罪の理由がないだけ

わかります~。まさにそんな感じ。

そして、このようなの質問がありました。

たしかに、そういうのは日本では「屁理屈」といいますね。

でも、フランス的には、これは

「弁明」

です。

『ソクラテスの弁明』でも謝罪などしていない

フランス人を含む西洋人は日本人のような明白な謝罪せず代わりに自分の立場や状況を懸命に説明し、釈明しようとします。

謝罪すれば、自分に責任があることを意味してしまいます。これは、裁判でもあれば不利になります。なぜなら、自分に罪があることを明らかな形で自白してしまうことになるからです。

ということは、このロジックからいけば、謝罪を強要することは、黙秘権を侵害し、自白を強要していることになるそうです。

これらが欧米の世界で共通しているのは、キリスト教が文化の基礎であることも含めて、古代ギリシャのやり方がベースになっているからだと考えられます。

ちなみに、「アポロジー(apology)」(謝罪)という英語は、ギリシャの「アポロジア(apologia)」という言葉から来ています。ギリシャ語の「アポロジア」は、単純に「弁護」とか「弁護のスピーチ」という意味しか表わしません。

古代ギリシャと言えば、ソクラテス。

プラトンによってかかれた『ソクラテスの弁明』の中でも、ソクラテスは謝罪もしていなければ、言い訳すらしていません。ソクラテスは自分が悪いとは思っていなかったため、堂々と自分の弁護のスピーチ=弁明をしたのです。

ようするに、西洋社会では、『ソクラテスの弁明』的なものが当然のやり方となっているのです。

ソクラテスの弁明
ソクラテスの弁明

自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた『ソクラテスの弁明』.死刑の宣告を受けた後,国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと,脱獄を勧める老友クリトンとの獄中の対話『クリトン』.ともにプラトン初期の作であるが,芸術的にも完璧に近い筆致をもって師ソクラテスの偉大な姿を我々に伝えている.

海外ではすぐに謝らない方がいい

ということで、これは日本人はとても気を付けなければいけません。

海外に行って何かあっても、自分に罪がない場合は、すぐに謝ることはするべきではないのです。

肩をぶつけたとか、カバンがあたったとか、たわいのないことには謝ってもいいんですよ。

車の事故などどちらが悪いかわからない時や、訴訟が絡む時は気を付けた方がよさそうです。

あとがき

それにしても、実際は悪い事したのに、こんな風に、自分が悪くないと言い切ってズーっと弁明していくっていうことは、

自白などは得られないのだから、法律でなんとかして規制しなくてはならないのだろうなとも思えてきます。

その結果、法律も増えていくことになるんじゃないかと。

コロナ感染防止の規制も、同様にどんどん増えていきます。

でも、フランスはいまだに感染者が減りません。

どちらかというと、規則を増やすより自ら進んで過ちを認めて自制することができる方が、少なくとも、コロナに関しては効果があるかもしれませんね。

それでは、また明日(^^♪

西洋的な弁明が理解できると、なぜ、小室圭さんが謝罪をしないかがわかってきます。

異文化の違いから、小室圭さんの行動について説明してみました。

異文化の違いを理解することの大切さを理解することは、今後、増えて増えてくる外国人に対応したり、海外に行くときの心がまえとして大切になってくる概念です。

↓こちらは、記事購入、もしくはマガジン購入で読めます。

【あなたが成功するために】「小室圭さんの大失敗」から学ぶ日本と海外の違いを把握することの重要さ|ulala|note
秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚が延期されて3年と2カ月も経った現在、ようやく小室圭さんが出したのが、母・佳代さんと元婚約者との「金銭トラブル」について説明する28ページにわたる文書でした。 が、しかし、それは、 多くの日本人に「ダメ判定」されるという 完全な失敗策だったと言って間違いありません。 ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました