フランス、パリで日本人が塩酸をかけられた事件のまとめ

フランスの日常

最後に衝撃のラストが待っています。 最後までお読みいただけるようお願いします。

ある日いつものように大使館から送られてきたフランス国内での注意喚起のメールに、大変ショッキングな内容が記載されていました。

それは、

パリ市内において、強酸性の液体を利用した傷害事件が発生 2月10日(水)夕刻、パリ17区の公共空間において、邦人被害者が友人と3人でいたところ、 フードをかぶり下を向いて歩いてきた3人組(男女の別不明)からいきなり顔に向けて液体をかけられた。

というのです。

スポンサーリンク

パリで塩酸をかけられた事件の公開の流れ

ジャパン・インデプス上に記事にして公開

しかし、すぐにフランスメディア、日本メディアを調べたのですが、不思議なことにどこにもその情報が載っていないのです(2月12日の時点)。

フランス国内で、在留届を出している人たちにはこのメールは届いているのですが、このように危険があったことを知らせるためにも重要な情報なのに、旅行に来る人などがいる日本には情報が届いてないことになります。

その時点で、SNSでは至る所で大きな話題となっていっていました。

そこで、そういったことが起こったことを記事に書きました。

記事へのリンクはこちら↓

仏で邦人、塩酸をかけられる | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]

フランス国内に届けられているこのメールは、実は「たびレジ」という外務省のメールマガジンに登録しておけば、日本にもいても受け取ることができるので、記事内にはこのことも記載しておきました。こちらにもそのリンクを張っておきます。

「たびレジ」登録ページリンクはこちら↓

海外へ渡航される皆様へ

なお、送られたメールは、常に外務省のサイト内でも見ることができます。記事上にも載せましたが、今回の塩酸の事件についてのページはこちらになります。

今回の「強酸性の液体を用いた傷害事件の発生(注意喚起)」のリンクはこちら↓

外務省 海外安全ホームページ|現地大使館・総領事館からの安全情報 詳細
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

Yahooニュース上の反応

ジャパン・インデプスに掲載された記事は、yahooニュースにも掲載されますが、今回のこのニュースは大きな関心を呼び、1539件(2月17日)ものコメントが寄せられていました。

多くの人が関心を持つ事件だったので、

雑誌のランキングでも1位に

国際記事でも見た瞬間は3位になっていました。

パリ17区市長が反応する

パリで日本人が塩酸をかけられたニュースは、SNS上でいたるところで大きな話題になり、直接話題にするように呼びかけた方もいらっしゃって、フィガロでも掲載された結果、苦情が来ていたことでパリ17区の市長が反応しました。

・あれは、特別アジア人を攻撃した事件かは未確認。
・被害者本人が軽症であるため警察に訴えることを望んでない。
・今後も警察の方で調査していく。

お話を聞いてくれる市長さんらしいですが、そこまで、市長さんはこういった事件について反応してツイッターに載せることがないので割と珍しいことかと言えます。

その後、SNSで話題になっていることが主要メディアではないけれども多少は掲載されました。 日本でも、多少扱ったところもあります。 しかし、大きく扱われることはありませんでした。 だいたい、このようにしてアジア人を対象にした事件は終わっていくことが多いです。まだ記事になったり市長さんが反応してくれたのが珍しいくらいです。

事件が報道されない原因

まず、今回の場合、報道等がされない大きな原因があります。

それは、

「被害届が出ていない」

それでは、普通は何も動けませんし、誰も動きません。

アジア人だけではなく、フランス人に対しても被害届がでなかったり、告訴されなければ何もできないのは同じです。例えば、Sciences Po のレイプ問題にしても、SNS上で大きな話題になりましたが、実際には、ほとんど誰も被害届をださなかったり告訴する人が少なく、2件ほどは告訴するよう説得されている最中でした。

実際のアクションがなければ助けられないのです。

フランスという夢のような世界をアピールしていかなければいけない状態も長く続きましたが、現在は、問題があれば、それは問題だと言うことがようやく普通になってきた時代です。アニエスBも、12歳から16歳の間、叔父に近親相姦されたことを今になって告発できた。そんな時代なのです。

SNS上で話題になれば、メディアにも載るようにもなってきました。

しかし、実際の行動が起こされなければ、何も起こりません。

問題があれば、声を上げていくことは大切なことです。

ツイッターでの反応

そして、最終的にこのような結果に

問題にしてくれた17区の市長さんが、警察に調査を継続するように頼んだそうです。

しかしその、2月16日のツイートには、

そう言われている時間帯と場所の監視カメラで、事件を確認することはできなかった。

と書かれていました。

真相は藪の中に

この状況では、本当に起きた事件だったのか?と疑われてもしょうがありません。

私は、最後まで証言された方のことを信じたいと思いますが、

カメラにも映っておらず、被害届も出されていない今、

何があったのかを知っているのは本人(とその友人)だけ。。となってしまったのです。。。

事情があったのであればしょうがないと思いますが、

何かあったのであれば、

ぜひ被害届を出すべきである

それがなければ何も始まらないのです。それだけは覚えておいた方がよさそうです。

追記:日本人叩きにかわるこの事件。本当のそれでいいのか?

この記事を、多くの人に読んでいただいてうれしい限りです。

こんな衝撃的な形が起こるということをわかってもらえてありがたいです。
なぜなら、今までフランスで生きてきて、こういう終わり方をする場面をよく見てきており、これではいけないと普段から思っているからです。

その結果、いろいろなコメントを受けることになりました。

このような、脅迫も受けました。今後、何が書かれることがありましたら、この方が書いたことだと思いますのでご了承ください。

ただ、この方の言いたいこともわかります。このフィガロの記事では、被害届を出そうとする行為自体は、家族の方がされているのに出していないと私がいっているというのです。

本人や関係者が直接出さなかったので受理されず、家族がその時点ではどうしようもなかった様子がうかがえます。それ以上のことは私にもわかりませんが、それで最終的に受理されなかったようです。なので出してないと言う事実だけが残ってしまったのです。が、出そうとする行為はしていることは間違いないです。その辺りで誤解を与えたなら申し訳ございません。

でも、もしも、そういったなんらかの出版社に働いているというのなら、その巨大な力で、こういった困っている日本人の方たちを助けてはいただけないでしょうか?なぜ、そこで、日本人叩きをして終わろうとするのでしょうか?

«La famille de la victime s’est rendue au poste de police pour porter plainte, mais cette dernière n’a pu être déposée en l’absence de l’intéressée», ajoutent encore les services japonais, qui concluent que «la victime et sa famille ne souhaitant pas que cette affaire soit exposée plus en détail, nous respecterons leur décision en ne faisant aucun commentaire supplémentaire.引用

ほんとこれが日本ならば、一回でも行けばここで親身になってくれてなんとかなりそうですが、でもそうならないのがフランスなんです。

何事もスムーズにいかず、一度断られることがとても多いです。滞在許可書の申請も同じ。書かれている書類を持っていっても、また違う書類を持ってこいといわれる。そこで戦って、何度も挑戦してやっとうまくいく。。。みたいな感じ。

このやり取りの状況がどうだったのかは、私には本当にわかりませんが、何度も挑戦するべきだったのかもしれないと思います。ご本人が来れないなにかの事情があったかもしれない。でも、そこでフランス人なら、ご本人が居なくてもできる方法を模索してもらおうと交渉したりするだろうし、誰かにしてもらえるようにコネを使って頼むかもしれない。そうやって、何回もトライしていくのが日常にすらなっています。でも、その雰囲気をつかんでないとなかなかできませんよね。私もいまだうまくできません。

なので、もしかしたら、その辺りのサポートを今後してもらえるようになれば、こういった悲劇が少なくなるのではないかとも思うのです。そして、そういうことにあってしまうことがあるってこと自体知らない人が、こんなことが起こりえると知ってもらえることも大切だと思います。

 

今度同じことが他の人に起こるかもしれない。それが起こるのは私にかもしれない。

 

私としては、被害者の方を責めないで欲しいです。そしてこのまま日本人叩きだけで終わらないで建設的に前に進めるように事態が進んて欲しい。それを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました