フランス国籍はどんな場合取得できるか?子供を救った不法滞在の男性マリ人の場合などまとめました

フランス・パリ18区で、アパートの4階(日本の5階)のベランダからぶら下がった4歳の子供を、壁づたいによじ登って22歳の若者が救助しました。

その後、国民的ヒーローとして話題に上り、最終的には、エリゼ宮に招かれ、マクロン大統領と面会。

マクロン大統領はフランス国籍取得を約束したのです。

この件に合わせて、フランス国籍を取得するのはどのような方法があるのかが、よくまとめられたいた表がでていたので、多少説明とリンクを加えて、日本語化してみました。

フランス国籍はどんな場合取得できるかのまとめ

自動的にフランス国籍取得できる基準

- 出生時に国籍取得

〇父母のどちらか一方がフランス国籍の場合

出生届けを出せば自動的にフランス国籍
両系血統主義

〇両親が外国人の場合
・子供がフランスで生まれた
・両親のどちらかがフランスで生まれた

の両方が満たされるた場合自動的にフランス国籍
出生地主義

- 成年時に国籍取得

〇両親が外国人の場合
・子供がフランスで生まれた
・5年以上フランスに住んでいる
の両方が満たされる場合

– 13歳から申請することは可能(最低でも8歳から居住)
– 16歳から成人にならなくても申請することでフランス国籍を持つことができる(最低でも11歳から居住)
– 18歳で自動的にフランス国籍取得(最低でも11歳から居住)

参照:service-public.fr

出生地主義

書類審査の上、フランス国籍を取得を申請できる基準

- 大人の場合

〇結婚し帰化を希望する場合
・フランスに住んでいる(3年以上)
・正規滞在
・フランス語が話せる(DELF B1以上、またはフランスの中卒以上の資格)
・フランス人の配偶者と生活を共にし4年以上
・フランスで犯罪を犯してない

以上が満たされる場合、申請ができる。

参照:service-public.fr

結婚

〇婚姻に関係なく帰化を希望する場合
・フランスに5年以上住んでいる
・正規滞在、犯罪履歴がない
・フランス語が話せる
・安定した就労生活
・フランスの歴史及び文化、社会に関する知識がある
・フランス共和国の原則及び基本的な価値に関する理解をしている。

以上が満たされる場合、申請ができる。

ただし、65歳以上は語学は免除や、フランスで高学歴優遇、軍関係などいろいろ場合によって変わってくるので、詳細はリンク参照:
service-public.fr

帰化

〇国から特別に帰化を提供される場合も
・フランスに住んでいる
・同化するのに申し分のない行動や、例外な経緯が認められた場合

帰化

特別に帰化が許されたアフリカ・マリ出身のマモウドウ・ガッサマさん

まさに、この最後の「同化するのに申し分のない行動や、例外な経緯が認められた場合」と言うのが、今回の出来事にあてハマります。

アフリカ・マリ出身のマモウドウ・ガッサマさんは、特別に帰化を許可された一人、その驚くべき行動の内容とは?

驚くべく行動力と、身体能力で子供を救出

まずは、百聞は一見にしかず。ベランダにぶら下がっている4歳の子供を救出するガッサマさんの姿をご覧ください。

5階のベランダまで登っていく様子の動画

隣のバルコニーから住人が子供の手をつかもうとするなか、アフリカ・マリ出身のマモウドウ・ガッサマさんは、通りに面したバルコニー伝いに地上から4階まで1分足らずで登り、子供をバルコニーの中に引き込みました。この動画はフランス中に拡散され、「フランスの英雄だ」と多くの人から称賛を浴びました。

後の、メディアの取材でガッサマさんは

「何も考えずによじ登った。神が私を助けてくれた」

と振り返っています。

怖くなって身体が震え始めたのは、男の子の部屋にたどり着いた後だったそうです。

パリ市の消防隊が現場に到着したときには、すでに子供はガッサマさんによって助け出されていました。

パリのイダルゴ市長はツイッターで大絶賛

イダルゴ市長はツイッターでのコメントで、ガッサマさんを「18区のスパイダーマン」と呼び、「子供の命を救ったマモウドウ・ガッサマさんの勇気ある行動を称える」と、日曜日の出来事だと言うのにすぐさに反応。

「彼はここで人生を築くことを夢見て2カ月前にマリからやってきたと語った。私は、彼の英雄的行為は全ての市民の模範で、彼がフランスで定住しようとする努力を当然ながらパリ市は喜んで支援する」と応じたのです。

エリゼ宮(Elysee Palace、大統領府)に招かれ、マクロン大統領と面会

この出来事があった二日後。ガサマさんはエリゼ宮に招かれました。そこには思いもよらないマクロン大統領と面会が待っていたのです。

マクロン大統領は、フランスに帰化するための「書類はすべて整う」と約束。

その後、ガサマさんの勇気をたたえてメダルを授与し、消防機関での仕事も提案までしたのです。

メダルを受け取り、

「このような栄誉ある品をもらったのは初めてでうれしい」

と語るガサマさん。

マクロン首相と対談の様子の動画はこちらをどうぞ↓。

ガサマさんは不法滞在者だったのに、フランス国籍取得に何か問題はないの?

しかし、気になるのは、ガサマさんは移民と言う言葉が使われているけれども、正式な滞在許可も受け取っていない不法滞在者なのではないかと言うこと。

すでにフランスで働いているお兄さんを頼りに、ガサマさんがフランスにやってきたのは去年の9月。工事現場で働いていましたが、完全に不法滞在者です。

しかし、フランスには、そういった状況の移民希望者でも、

社会貢献した人には、滞在許可書がもらえる

と言う基準があるのです。

2002年には、川でおぼれていた子供を助けたチュニジア人が滞在許可書をもらえた例がありました。この当時は、完全に県知事の権限と配慮で滞在許可書が授与されていましたが、その後、2012年に、ヴァルス通達la circulaire « Valls » du 28 novembre 2012として外国人の滞在許可の基準をまとめて正式化。

そのヴァルス通達の7ページ目に、文化、芸術、スポーツなどで特別な才能がある人と言う項目と共に「社会に貢献」と言う項目があるのです。

– soit d’un talent exceptionnel ou des services rendus à la collectivité (par exemple dans
les domaines culturel, sportif, associatif, civique ou économique) ;
– soit de circonstances humanitaire particulières justifiant la délivrance d’un titre de séjour.
circulaires.legifrance.gouv.fr

それでも、社会貢献で滞在許可書がもらえるというのはとても稀なケースで、2014年にサンドニで火事が発生した際、十数人を助けたチュニジア出身の男性をはじめ、2015年には8人、2016年には6人、2017年には5人だけとなっています。

更に、特別な貢献をすると国籍をもらえるという法律もある。

民法第21条の19に 基づき、外国人が特別な貢献をしたときにフランスは国籍を与えることができるのです。

Article 21-19
L’étranger qui a rendu des services exceptionnels à la France ou celui dont la naturalisation présente pour la France un intérêt exceptionnel. Dans ce cas, le décret de naturalisation ne peut être accordé qu’après avis du Conseil d’Etat sur rapport motivé du ministre compétent ;

legifrance.gouv.fr

それでも、国籍までとなるととても稀なケース

人数は少ないですが、ガサマさんの他にもこの法律にのっとってフランス国籍を取得された方は既にいます。

それは、2015年、シャルリー・エブド襲撃事件の後に起こったテロ事件で活躍した方。

2015年1月9日にフランスのパリ20区にあるユダヤ食品専門スーパーマーケットで発生した人質事件。前々日に発生したシャルリー・エブド襲撃事件の容疑者らとの連携を表明しており、イスラム過激派による一連のテロ事件と見られている事件です。その事件の最中、マリ人で従業員のラサナ・バシリーさんは、人質たちを助け脱出し警察の特殊部隊の突入に不可欠な情報を伝えました。この勇気の行為のために当時のベルナール・カゼヌーヴ内務大臣によってフランス国籍が与えられたのです。

フランスのベルナール・カズヌーブ(Bernard Cazeneuve)内相は、先週のパリ(Paris)のユダヤ系食料品店襲撃事件で人質たちを助け、「ヒーロー」と呼ばれたマリ人男性、ラサナ・バシリー(Lassana Bathily)さん(24)に、フランス国籍を与えると発表した。

 カズヌーブ内相は声明でバシリーさんの「勇敢さ」を称賛し、20日の式典でバシリーさんに国籍を与えると述べた。バシリーさんは2006年からフランス在住で、昨年7月にフランス国籍取得を申請していた。

 バシリーさんは事件のあったパリ東部の食料品店の従業員で、アメディ・クリバリ(Amedy Coulibaly)容疑者が9日に人質をとって店内に立てこもった時、店内にいた買い物客たちを冷蔵室に集め、冷蔵機能を切り、扉を閉じて人々を守った。
afpbb.com

偶然ですが、彼もガサマさんと同じマリ人。マリ人には勇敢な人が多いのでしょうか。

外国人部隊

民法第21条の19には、実はもう一項あってフランス軍、もしくは戦争時に貢献した人もフランス国籍がもらえると書かれているんですよ。。

そう聞いたら思い出すのがフランス外人部隊ではないでしょうか?

ちなみにフランス外人部隊のフランス国籍取得に関してはWIKIでは下記のように説明されていました。

契約期間を5年じ間とする初回の契約をフランス政府と交わすことになる。
・・・
初期の契約期間を満了し、税金を滞納することなく、フランス国籍取得の申請手続きが通ればフランス国籍を取得できる。しかし、現状は最低さらに2年から3年の延長契約しなければ国籍取得は難しい。近年には、戦闘で再起不能の負傷をした者は契約満了を待たずにフランス国籍が与えられることになっている。

wiki

外人部隊で貢献するとフランス国籍がもらることは結構有名でしたが、どんどんその基準んも厳しくなってきてるみたいですね。

あとがき

普通は、フランス国籍取得も、ほとんどの人が一般ルートのみにしか関係しないとは思いますが、それなりに他の基準があるんですね。

人々が感心するぐらいのフランス一般社会への貢献や、フランスのために軍隊で活躍したときは、やはり、フランスに忠臣を尽くしていると認められる面もあると思います。

ちなみにフランスでは、不法滞在は、状況により強制送還の対象にはなりますが、2012年12月31日のヴァルス法により処罰の対象ではなくなりました。

不法滞在と言っても、フランスは「不法に国土に入った」人はそこまで多くなく、そのほとんどは「合法的に国の領土に入るが、居留許可の満了後にそこに残った人」だと言われています。メディアとの報道でのイメージと事実は多少違うようです。

フォローする