【動画】オランド仏大統領の演説中に発砲音!

2月28日に、フランスのオランド大統領がヴィローニョンで高速鉄道の開通を祝う演説を行っていたところ、誤って銃弾が発射される出来事がありました。

警備を支援していた地元の警察官が誤って発砲したそうです。この警官は狙撃手で建物の屋上に配備されていました。この結果一人負傷。

発砲音が聞こえた時のオランド大統領の様子

テロなども起こり得る状況での発砲音。

オランド大統領、3回頭をあげて状況確認している様子が生なましい。

フォローする