フランス冷凍食品で話題のピカールの「カツオのたたき」食べてみた!

ピカール カツオのたたき

1月に入ると、フランスのいろんなお店でアジアンフェアーが始まります。フランスのスーパーでは、いつもある定番の商品が通常より安くなっていたり、普段はあまりお目にかからないさまざまなアジアの食品などが販売されていて、それはそれで楽しみなもの。
今年は、日清食品が力を入れだしたのか、焼きそばを始めとする日清製品の棚の幅も広くなり、日清のプロモーターが「みんなこの会社の名前知らないのよ」と言いながらパンフレットを配っていたりしました。

そんな中、フランスの冷凍食品店として日本にもオープンしたピカールpicardで、なんと

「カツオのたたき」が売ってる!?

とツイッターで知ったので、早速買ってみたよ♪

ピカールpicardのカツオのたたき

↓ご覧の通り、カツオのたたきは、ピカールでも毎年企画されるアジアンフェアーに向けての新製品のようです♪広告にも載ってました。

ピカール カツオのたたき

値段は、200gで6.99ユーロ 1ユーロ120円で換算したら、840円と言ったところです。

日本の店頭で買ったらもっと安いかもしれませんが、↓ちなみに通販では500g4320円なので、味は別にして、このお値段に比べたらお安いかもしれません。

早速、ピカールに行ってみました。

あった♪

「カツオのたたき」は、他のアジアン製品と共に、確かにピカールにありました。

ピカール カツオのたたき

家に帰って確認してみます。

もちろん冷凍ですが、真空パックにカツオが入っていて、ゆず味の特製たれもついてきます

ピカール カツオのたたき

大きさは12㎝~13㎝。

小さいかな?一応200gあるそうですが。。。。

ピカール カツオのたたき

この状態では、食べれないので、冷蔵庫に4時間置いて解凍が必要です。この日は11時に冷蔵庫に入れて19時頃食べました。でも、解凍しすぎると切りにくかったので、少し凍っているぐらいでカットするともっときれいに切れるかもしれません。

そして、夕食

じゃじゃーん

ピカール カツオのたたき

この皿、食卓に出した瞬間、うちの家族

「少な!」

いや。。。うち。。いつもは、海辺に行ってカツオを買い、いつも大きな皿いっぱいのカツオのたたきを食べてるので、4人家族で一人3切れ程しかない量はとても少なく感じたようです(笑)

でも、魚をさばかなくてもいいから手間もないし、冷凍なら季節に関係なく食べれるので、もしこれで美味しければリピしたいところ。

で、早速試食!
woman1_oishii

肝心のお味の方は?

woman_question

う~ん。。。。

う~ん。。。。

う~ん。。。。

なんだろ。冷凍だから?なんだか触感が違う気がする。あと、赤身でトロじゃないから脂分が足りないかな?でも、刺身として食べれば、問題なく美味しく食べれました♪

しかし、問題だったのは、

特製タレ

カツオのたたきには、ゆず味の醤油が付いてくるのですが、これにたたきを付けて食べても美味しくない。

なぜなら、

たれが甘い!

私の中では、たれと言ったら「ポン酢」ぐらいの酸っぱさをイメージしたところ、甘い醤油は合わなかったのです。

フランス人は、なぜか甘味があるのが好きらしく、タイ人が経営しているお寿司店では、シャリがほんのり甘いお店もありますが、そんな感じの甘さです。

甘いのが好きな人には最適かもしれません。私はちょっと無理だったわ。。。

ピカールのカツオのたたきの最終評価

と言うことで、最終評価は、

placard_woman_4laugh

・4人家族では一つでは少ないけど、一人暮らしや二人には最適
・手間無しにさっとカツオのたたきが食べれるのはほんと便利でおすすめ
・タレは甘いので、各自用意がおすすめ
・味は極上ではないけど、そんなものでしょ。

ということで、ピカールのカツオのたたきは、おかずの一品として食べる分には十分美味しい品物でした♪

ピカールの他の日本食品

ところで、今年のピカールのアジアン商品の日本食品は他にもあります。

その名も

スープしゃぶしゃぶ

もう、そのネーミングですでに怪しいですが、その辺は妥協してもおうどんなのかと思ったら

米メン

何かが違うな。。。としか思えない、いつものフランス日本食品なのでした。

ピカール カツオのたたき

フォローする