フランスに来るなら準備しておきたい「テロ警報アプリSAIP」

フランスに旅行に来たり、滞在するならばぜひダウンロードしておきたいアプリがあります。

それが、

「SAIP(警報・情報通知システム)」

テロや、地震や津波などの自然災害、または原子力施設や化学プラントの事故が近くで起こったら、警告してくれるアプリなのです。

無料でダウンロードして、身を守る!

フランスでは、近年、テロが多発しています。だからこそ、身を守るためにもテロや災害が起こった地点から遠ざかったり、適切な指示を受けることが重要だし、できるだけ情報は受け取りたいもの。

そこで、テロが起こったらすぐに端末にアラートを鳴らし、危険領し域に入ったらすぐに、危険の性質と取るべき行動の明確な指示を受けられるアプリSAIP。ユーザーの位置や名前、電話番号、IPアドレスなど、個人情報を一切登録なし!もちろん無料でダウンロードできます。またこのアプリを通して何かのデータが保存されることはありません

↓SAIPのページはこちら。ここからアプリがダウンロードできるよ
SAIP

インストールは超簡単。ダウンロードして、ボタンが出たらサクサク押していけば、問題なくインストール完了。

SAIP、通常何も危険なことが無いときは、こんな画面が表示されます。

フランス語だけではなく、英語バージョンもあるのでフランス語が分からない人にも安心です。

saip2

警告が入ると、こんな感じになるようです。スマホの画面を赤くして危険を知らせてくれます。
saip3
画像元

SAIPは、去年11月にパリを襲ったテロ事件を受け、仏政府が開発に着手していたアラートアプリで、サッカーの EURO 2016前にはリリースされていました。

重大な危機にあった時に、いかにして市民に警告するか?仏政府が、国から直接、信頼できる情報を発信することが重要と考えた結果できたアプリ。

日本の、地震警報や、災害警報と同じようなものと言えばわかりやすいでしょうか?特に情報が少ないフランスで、このアプリは予期せぬ危険を知らせてくれる一つのツールになってくれるはず♪

フランスに来る際は、念のためにダウンロードしておいても損はないですよ!

ただちょっとまだ微妙なテロ警報アプリ

だた、ちょっと、まだ微妙なところはあるんですよね。

上記のアラートの画像は、パリの教会で誘拐立てこもりテロが起こった時の画面です。事件が発生してすぐに盛んにアラートが鳴りました。

現場では、パニックも起こり、↓のような状態に

しかし、蓋を開けてみればテロなんて無かったんです!単なる16歳の高校生二人の悪質ないたずらで電話をかけことが原因の誤報。このアラートのせいで、一般の人もですが、警察など沢山の人が振り回されてしまいました。

高校生のうち一人は拘束され、二人目は現在捜索中。下手すれば2年の禁固刑と罰金になるかもしれないとのこと。ちょっといたずらにしてはやりすぎですね。

しかも、この警告アプリ、ニースのテロの時は、アラートが鳴ったのはテロ発生から2時間後と言うあまり意味のない結果も残しています。運用し始めたばかりとは言え、かなり、不手際ばかりが目立ってしまっているところ。

敏感すぎてもダメだし、遅すぎてもダメだし。

もういっそのこと、アラートなんていらないんじゃないの論まででてきてしまった始末。

今後は、どうなるかはわかりませんが、とりあえず現時点では、身の危険を守るためにはダウンロードしておいた方が無難ではあると思います。

フランスに来る際は、テロの他にも、デモやストライキもありますので、くれぐれもお気をつけてくださいませ(^^♪

フォローする