パリのメトロのキャンペーン画像が笑えると話題♪

ratp_group_logo-svg

パリに行けば、地下鉄にお世話になることは間違えありません。フランス語で地下鉄はメトロ。その他にも公共交通機関は、RER、路線バス網、3路線のトラム、モンマルトルのケーブルカーなどがあって、それ全部を運営しているのが、RATPパリ交通公団です。

そのRATPが、メトロやRERで安全な使用方を紹介するキャンぺーンを行っています。それが、そこに使われている画像や動画が面白いのでちょっと話題になっています♪

おもしろい、キャンペーン画像のいくつかを紹介♪

キャンぺーン画像

線路に下りないで下さい

ratp4

線路に携帯を落し物。飛び込んでみたものの、電圧750Vが通っている線路で、すっかり骸骨に(^^♪

プラットフォームで走らないでください

ratp6

プラットフォームで走っていた花嫁衣裳と、タキシードを着たカップル。でも、線路とプラットフォームには隙間もあって。。。

花嫁は喪服を着ることに。

ドアが閉まりかけたら降りようとしないでください

ratp2

手品師が胴体切断の箱を持って降りようとしたところ、ドアがしまって、見事に切断!

線路の端から離れてください。

ratp7

画像引用元

スターのポーズを線路に向かって決めていたら、電車が来て、腕が無くなる。。

RATPキャンぺーン動画

キャンペーン動画も、コミカルに説明してくれるのが面白いです♪

動画の中で、窓から顔を出して、耳が取れちゃったバックスバーニーっぽいウサギさん♪

bannie

↓動画はこちら♪

フランスでも好評(^^♪

フランスの注意表示も、当たり前ですが、言ってることは日本の地下鉄や電車と同じですが、伝え方が面白いですよね
(笑)

twitterでもこのキャンペーンは話題になっていて、#consignesAIRATP というハッシュタグもでき、

「マジで笑った」
「RATPのキャンペーン、完全いっちゃってる。最高」
「新しいキャンペーン大好き~」

と、結構好評のようです♪

みなさんも、この注意表示に従い、正しくメトロやRERを使用してくださいね♪

RATPのキャンペーンページもこちら>>

なお、RATPのメトロなどの案内サイトは日本語でも見ることができますので、ご旅行などの時にも活用してください!
RATP日本語版

フォローする