暑い時期のパリの地下鉄を各線一言で説明します!

猛暑もようやく落ち着き、暑さも和らいできましたが、まだまだ暑い日が続きます。

普段でもただでさえ臭いや暑さが気になるパリの地下鉄、

ここまで暑いと更に不快感が増大

そんな、パリの地下鉄事情が一言で説明されているの発見したのでご紹介します。

「暑い時期のパリの地下鉄を各線一言で説明します!」

METRO

1番線 あんまり暑いんで周りの背広が滴り落ちる

2番線 この線にクーラーを付けようと提案した者(女性か男性)をたたえよ~

3番線 ジメジメして暗い雰囲気

3bis番線 涼しい、でもまあどっちにしろ誰も乗らない

4番線 突然、人混みと言う言葉にすべての理性を失う

5番線 クーラーは涼しいが、臭いは最悪

6番線 列車の中は鍋で焼かれるよう

7番線 さあスピードデートの時間だ!脇の下と変わらないすべての車両で

7bis番線 大粒の汗が流れ落ちるホームで、果てしない待ち時間

8番線 まったく問題ないです。あまりにも暑いので汗は蒸発しますから

9番線 素晴らしい。ありがとうクーラー

10番線 もう早くして、地下鉄のガラクタ。中、暑いんのよ!

11番線 この車両、いつものより更に汚いじゃん

12番線 まあ大丈夫

13番線 今だ!息を止める才能を発揮するのは

14番線 快適。でも、ホームのこの臭いは一体なに?

RER

A線 猛暑の問題に直撃するのは当たり前。地獄。地上だし

B線 サウナをプレゼントされたこと無い方用

C線 2重苦:汗かく上、減速する

D線 クーラーが助けに来ることはありません

E線 ロシアンルーレット:吉と出るか凶と出るか

あ、あまりにも、的確すぎる。。。

夏の地下鉄は、いろいろと大変ですよね。

このリストを元に少しでも快適な線を使って、パリを移動することができますように♪

参照元

フォローする