フランス人の名前、同じなのが多すぎて、覚えられない・・・

名前

今日は、学校対抗のチェスの大会があって、一日学校にお手伝いに行っています♪
フランスでは、チェスは子供の脳の発達にいいことが認められていて、すべての自治体ではありませんが、学校でチェスを習うことを推薦し援助しているところがあります。
お陰で、無料で基本の授業を受けれて、学年末にインターネットを通して、学校対抗の試合が行われます。

そういう訳で、息子のクラスに行って来たのですが。。。

ほんと、いつも思いますが、子供達の名前を覚えて、一致させるのは大変。

だってフランスって、同じ名前の子や、似てる名前の子が多いのですもの~~

語幹が一緒のバリエーション

息子のバスケットクラブには、4人の似た名前の子供+トレーナーがいます。

  • マクソンス Maxence
  • マクシム Maxim
  • マクシミリアン Maximilien
  • マックス Max

もう、、はっきりいって、どれがどれだか/(-_-)\

おまけに

どうして全員アダナが「マックス」なの!

試合の時の掛け声に、まったく困ってしまいます。( -_-)

それだけではありません。

娘のお友達も、なにがなんだか。

  • ビクトリア Victoria
  • ビクトワー Victoire
  • ビアンカ Bianca

う~んこれは、日本語でBとVの発音を一緒にしちゃってるってのもあるけど、、
どれもこれも同じような名前過ぎて、誰がどの娘だったか・・・

お友達と言って毎日名前を聞くわけでもないし、クラスのお友達だけじゃなくて、お稽古事でしか会わなかったり、そこら中に点在してるし。。

いきなり名前言われても、ぱっと顔が浮かばないわ~

同じ名前が多すぎる

娘のクラスには、すでにアナイスAnaïsが3人

そうなると、クラス内で呼ぶのにごっちゃになるので

1.苗字も一緒に呼ぶ

アナイス・◯◯◯
アナイス・●●●
アナイス・△△△

のように、名前を呼ぶ時は苗字も読んで区別しているみたいです。

2.セカンドネームで呼ぶ

あるクラスでは、レアLéaが4人いたそうです。

その時の担任の先生は、彼女らのセカンドネームで呼ぶことにしたとか。

フランスは4つまで、名前を持つことができます。
もちろん一つしか付けない人もいるのですが、結構多数のフランス人が2つ以上の名前を持っています。

でも、その複数の名前を付ける動機は人それぞれ違って

  • ①迷ったので2つ(もしくは3、4つ)とも付けた
  • ②ゴットファザー、ゴットマザー、家族の聖徒の名前で、計4つ
  • ③一番目にフランスの名前、2番めに日本語の名前など、両国で使える名前を付ける
  • ④たまたまその年に祖母が亡くなったので、祖母を偲んで付けた


etc etc

なので、セカンドネームも、まだ①や②③の理由の時なら、普通な名前が付いてたりしますが、④の場合など、フランス人的には古臭い、時代遅れな名前が付いている場合があります。

日本語で例えるなら、

1番目の名前がレアなのに、2番目の名前が「とめ子」みたいな・・

今の時代ではあまり使わない名前を、クラスで一年間呼ばれた続けられた時には、
子供の方もたまったものではありません・・・・

3.勝手に付ける

ある先生は、同じ名前が多かったので、区別するために

勝手に違う名前で呼ぶことにしました。

いや、、、さすがにこれは、親からクレームが来て、速攻中止にになりましたが(笑)

大人同士は付き合いが長いけど。。。

ulalaが仲良くしている方達の中にも、4,5人

シルビーSylvie

が居ます。

でも、その場合はあまり困ったりしません。
なぜなら大人の場合は付き合いも長いので、頭の中でごっちゃになることがないんです。

でも、

子供の場合、毎年半分は入れ替わります。

クラブのカテゴリーが変わったり、クラブを辞めたり

クラスが変わったり、転校したり。。

新しい子がクラスに加わったり

etc

そうすると、やっと覚えてきた頃に、

また一からやり直し

ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

まったく。。。

まあ、それは、日本に居ても同じだろうけどね♪

すっかりフランスは年度末。また来年に向けてがんばるぞ~

フォローする

コメント

  1. 子供の顔覚えるのって大変ですよね。
    日本は苗字の数が多いので、そこんとこはわかりやすいですけど。

    • ulala より:

      子供の顔も名前も覚えるのも、大変ですが、フランス人の顔もほんと覚えるの大変です(笑)