「ノンシュガー製品は本当にダイエットの味方?」ダイエットの常識 in フランス(4)

ライトか普通に砂糖入りか

フランス人の二人に一人は、すでに、痩せるためにダイエット実践しています。

アメリカほどではないけれど、フランスでも増えてきている「太り過ぎ」「肥満」

でも、間違った方法では健康に悪い。

夏に向けて、そんなフランス人のために、フランスのテレビでやっていた
間違った方法でダイエットしないための

「ダイエット特集」

4回目は、

実験2
「ノンシュガー製品は本当に体重を落とすのに効果的か?」
Pourquoi les produits light ne sont-ils pas la bonne solution pour perdre du poids?

ノンシュガー製品は本当に体重を落とすのに効果的か

アメフトの選手の練習後、十分喉が乾いている時に実験をしました。

◯ ノンシュガー飲料を飲むグループ

◯ 普通に砂糖が入った飲み物を飲むグループ

に別れます。

練習後に、それぞれのドリンクを飲んでもらいました。

その後、シャワーを浴びて、筋肉もときほぐされ、リラックス♪

そうしていると、お腹も空いてきます。

そこで、食事をするのですが、

各テーブルには、

サンドイッチなどの食事と、ケーキやお菓子などの甘いもの

同量の食べ物の用意をします。

つまり同じカロリーの食品が並べられているのです。

さて、どちらのテーブルの食事の方が多く減ったでしょうか?

それは、

ノンシュガー飲料のグループです

どうしてでしょうか?

それはとてもシンプルな話。

ノンシュガー飲料を飲んだグループは、体に糖分が入っていないので、とってもお腹が空いています。

それに比べて、

砂糖の入った飲み物を飲んだグループは、糖分をすでに取っているので、お腹が少し満たされた状態になっているのです。

食事の量が変わってきていますが、結果的には、

「飲み物+食事」のトータルは、同カロリー

砂糖の入った飲み物を飲むと、それだけ満足感があるのでその後食べるものが少なくなります。
でも、ノンシュガー飲料では、満足感が得られないため、その分量を食べることに。

ということで、結論

ノンカロリーの飲み物はダイエットにはあまり効果がなさそうです。

反対に、ノンカロリー飲料を飲むことによって、食べる量が多くなり、後悔だけが残ります。

via france2

↓この番組の動画はこちらから

ダイエットの常識 in フランス 一覧

フォローする