フランスの美容院はなんだか日本と違うんですが。。

フランスに来ると、一番困るのが、美容院です。

フランスでパーマをかける

フランスに来て、最初にびっくりしたが、パーマのかけ方。

なにも知らずに普通に日本の美容院のように、パーマをかけてもらおうと思って、
軽いウエーブのイメージ写真を持って、美容院に行ったら。。

今まで、見たこともないような、頭全体にびっちりロットを巻かれ

仕上がりは、ほぼアフロ

ワナワナと言葉もでずに固まっていると、

「きれいですよ」

と耳元で美容師に言われて、プチ(; ̄ー ̄)…ン。。。

全然気に入らないと言うと

「パーマを落とす液とか使うと、髪が痛むし、なんたら、かんたら」

と、くだらない事言われて、もっと頭に来た。

要するに、フランスでパーマと言うと、ボリュームをだすと言うことで、
どこかにニュアンスをつけるなんてことはなく、ガンガン巻かれるのは普通だったらしい。

フランスでカラーをしてもらう

6146893004_e7a3c4ce99
そんな失敗から、パリ時代では、日本人がいる美容院に行くか、日本の美容院にしか行ってなかったけれども、地方に住みだしてからは、フランス人の美容院しかなく、仕方なくそちらに行く事に。

パーマは、日本で一年に一度でもかけてくるとして、

カラーなら大丈夫だろうと思い、カラーとカットだけをしてもらってた。

それで、何年間か過ごしたけれども、どうも気になったのが、髪の痛み。

とにかく、以前よりひどい髪の痛みにうんざり。

そんな話をフランスのモッズヘアーで研修を受けてたという、日本人の美容師さんにしたら、

「欧米人のキューティクルの方が日本人より頑丈なので、キューティクルを溶かす液が日本より強いみたいよ。だから髪が痛むのかも」

と言われた。なるほど。

なら、市販のカラーとかは?
と思って使ってみたけど、フランスのカラーは、黒髪には色が浸透しないタイプでぜんぜんだめ。

日本に帰って、市販のカラーを使ってみたら、

なにこれ!!完璧なこの色具合がこんな簡単に実現するだなんて!!

おまけに、髪もそんなに痛まない。

ということで、日本の泡タイプのカラーを持って帰ることで、カラーは解決。

(ちなみに、フランスは今年になって初めて泡タイプを見かけるようになりました)

フランスでカットしてもらう

その結果。。。。

何ヶ月かに一度行く、フランスの美容院では、

ほぼ、カットのみ。

カットだったら、途中であーだこーだ言えば、修正も効くし、
まあ、よほど下手な人に当たらない限り、大抵は許せる範囲。

フランス人は髪の量は少ないので、たまに

「なんて多いの~」

と言われることもあるけれども、ほぼ問題なし。

ということで、今日もカットのみ行って参りました♪

フランスでの美容院活用は、カットのみ

まとめると、

◎パーマは日本帰国時に
◎カラーは日本の市販のやつまとめ買い
◎カットのみこちら

これが、今のところ、ulala的には一番シックリくるみたいです。
地方に、住んでいる他の日本人の方は、どうされているのでしょうか?

まあ。。とりあえず、これで生きていけるけど・・・・・

ほんと、一年に一度帰った時に、日本の美容院に行くのが一番楽しみなんだよね~

フォローする